株式会社ギャランティートラスト

経営者としての覚悟、決断 | 資金繰りや返済でお悩みの経営者様の金融担当秘書として


テーマ:ブログ記事

大企業、中小企業を問わず、各企業の経営者様は自社の発展に日々注力されている事と思います。特に中小企業の経営者様はオーナー社長である事が殆どで、経営悪化、資金繰り悪化の際には、個人の資産を処分して自社のピンチを切り抜ける場面も多々あることでしょう。
A社様は数年前に資金繰りが悪化した為、私が担当し取引行にリスケ交渉を行い、3年前に正常化した先です。正常化後も資金繰りや会社経営の相談に乗るなどお手伝いさせていただいています。リスケを脱却し正常化した後、新しい調達窓口(新しい銀行の融資取引)を開拓する為、私と共に銀行へ出向いたり、既存取引銀行に追加融資をお願いするなど、色々と手を尽くしてきましたが、ある程度の額の借入は出来るものの、希望額での借入が出来る事は少なく、リスケ継続時にある程度の資金余力を確保していたので、それを取り崩しつつ業況拡大に力を注がれていました。
今年に入り、A社社長のご自宅の隣地が売りに出される事となり、所有している自宅と合わせればある程度の大きさになる事から、隣地を購入し既存の建物を取り壊し、自宅兼本社事務所兼賃貸マンションを建設する計画を立て、取引のある銀行に申込みをしました。個人所有なので、当然個人借入での申し込みですが、金額が3.5億円と高額であった為、融資審査にも時間がかかり、数行に審査依頼をしていたのですが、結局どの金融機関からも希望額通りの回答は得られる事はなく、時間だけが経過する事態となりました。不動産取引ですから、当然売り手の都合もあり、時間切れとなってしまい隣地購入はあきらめざるを得なくなりました。
借入額が個人としては高額の3.5億となったのは、自己資金が3,000万円程度しか用意できなかった為です。理由は会社が苦しい時、個人の資金を資金繰りに当て、業況が改善した後も資金を個人に戻す事はせず、経営安定を第一に考えたからです。
隣地購入は出来なかったものの、その後、現在所有する自宅を取り壊し、当初計画より縮小した本社事務所兼賃貸マンションの建築計画を進めていたのですが、会社の借入申込みが以前と変わらず希望額での回答が得られない事が続き、気づけば先行きの資金繰りが厳しい状況となっていました。そこでA社社長の取った行動は自宅を売却し資金を捻出するというものでした。数ヶ月間、隣地を購入し新しい建物を建築する事に力を注ぎ、隣地が購入できなくなった後も規模を縮小し計画を進めようとしていたのに、今度は逆に土地を売却し資金を捻出する、この考えに、私は驚かされました。きっとA社社長は個人の計画もやり遂げたかったに違いありません。しかし、会社の事を一番に考え、決断したのです。会社の資金繰り予想は1,500万円程度の資金不足となる予定でしたので、A社であれば何とかなる金額でした。A社社長に話を聞くと、今はそれで良いかもしれないが、その先はわからない、自宅を処分すれば住宅ローンを返済しても8,000万円以上の資金が捻出でき、この先会社の資金繰りに当てることが出来るというものでした。幸い、当初購入しようとしていた隣地を購入したのが、マンション建設業者で、話を持ちかけたところ、A社長の自宅部分を追加購入し計画を大型化するとの話になり、急速に売却の話が進み、A社の資金繰りも目処が立ちました。
A社の2018年は、銀行借入については、個人も含め、思うように事が進まず、苦しい思いもしましたが、最後に社長の決断によって、2019年は順調なスタートが切れそうです。きっと早々に新しい事務所、自宅を購入し、今まで以上に経営努力されることでしょう。

経営者としての覚悟があり決断できる・・・、これがあるのとないのとでは、将来の道筋が違ってくる事を学ばせていただきました。これからもA社長のお役に立てるよう、私もがんばっていこうと思える出来事でした。

【本社】
〒514-0823 三重県津市半田3425-70
TEL 059-213-1317

【名古屋支社】
〒460-0003 名古屋市中区錦3-11-25-517
TEL 052-265-7272

E-mail:mlg20399@nifty.com

Copyright © 2018 株式会社ギャランティートラスト All Rights Reserved.

PAGETOP